Linuxmaniaトップ > HAAS Hardware As A Service
  ┬電話・メールサポート
  ├ハンズオン
  └ハンズバイ


lm haas ロゴ


Linuxmaniaのコンセプトは「Hardware As A Service」です。
大きく3つのサービスがあります。

電話・メールサポート
ハンズオン
ハンズバイ

※HAAS のサービスの対象となる方は、Linuxmania製品をお買い上げいただいたお客様のみです。他社からお買上げの製品は対象外となります。


電話・メールサポート

「電話・メールサポート」は、Linux PCの使い方や操作方法についてサポートを受けることができるサービスです。

イメージ画像 サービス内容

・料金:無料(※通話料金はご負担いただいています。)
・受付時間:平日9時30分〜17時30分

サポート内容

サポート範囲は多岐にわたり一律に制限をかけてはございません。
ソフトウェアの品質やバグについては、各提供ベンダー状況によりますが、こちらで回答できるもの、提案できること、解決策を提示できるものはできる限り対応いたします。

例えば、OSアップデートエラーやバグが発生した場合、それ自体を解決することは出来なくても、更新情報をお伝えしたり、そのエラーによって何が影響するかをお答えしたり、部分的に回避する方法など対応策を提示することは可能なケースもあります。
解決や品質向上を必ず保証するサービスではないことをご容赦いただいた上で、もし何かございましたらお気軽にご一報いただければと思います。

[電話・メールサポートの手続き]

製品保証書に記載されているサポート専用電話番号、もしくは customer@linuxmania.jp にご連絡ください。

矢印画像

製品保証書に記載されている保証書番号をお伝えください。

矢印画像

お問い合せ内容をお伝えください。
カスタマセンターが回答いたします。お問い合せによっては、後日の回答となる場合もございます。

ハンズオン

「ハンズオン」はTeamViewer によるリモート操作でのサポートです。
専門家がリモート操作を通して設定や作業のアシスト・レクチャを提供します。

TeamViewerロゴTeamViewerは商用においては有料です。 ライセンスをご確認し、それぞれで手続きしていただく必要がございます。

今までは…
従来のLinuxmaniaカスタマセンターでは、お電話・メール・ヘルプチャットでのサポートでした。
場合によってはログやスクリーンショットを送っていただく必要があり、初めてLinuxを使用する方にとって、十分とは言えないサポートでした。
ハンズオンは煩雑な作業なく、Linuxmaniaカスタマセンターに設定・作業をおまかせいただけます。

サービス内容
・インターネットが接続されている事が必須です。
 ※インターネット接続ができていないと、このサービスは使用できません。

ご購入1ヶ月以内、最大3回まで無料です。
 それ以降は有料サポートとなります。有料の場合、その都度のご相談・お見積りとなります。
 ※有料時のお支払はクレジットカード払いのみとなります。

Hardware As A Service

[ハンズオンの手続き]

カスタマセンターへ症状や要望をお伝え下さい。
例)アプリのインストールが上手くいかない
例)DHCPではなく固定IPにしたい
例)プリンタの設定ができない
例)システム更新でエラーがでるので解消したい

矢印画像

カスタマセンターにご連絡ください。内容を伺いハンズオンに該当するケースか確認します。
無料対応の場合、そのまま作業開始します。

矢印画像

対象マシンのTeamViewerを起動し、IDとパスワードをカスタマセンターへご連絡ください。

矢印画像

カスタマセンターの作業が完了したら、TeamViewer を切断し終了です。

矢印画像

有料の場合、決済URLをご連絡いたしますのでお支払いをお願いします。



ハンズバイ

「ハンズバイ」は必要な交換パーツをお客様のもとへお送りし、お客様が交換作業を行えるサービスです。
故障時故障時、スペック増強時スペック増強時、メンテナンス時メンテナンス時において、マシン本体をLinuxmaniaカスタマセンターに送付しなくても済む画期的なサービスです。

今までは…
従来のLinuxmaniaおよびPCメーカでは、不具合や故障があった場合、マシン本体をカスタマセンターまで送付いただくのが当たり前でした。
もし、お客様の方でマシンを開けたり中身を操作した場合は製品保証外になりました。

故障や不具合によっては、マシン本体をカスタマセンターまで送ってもらわないと解明出来無いこともありますが、下記のような簡単な作業で済む場合も数多くあります。

・電源の交換だけ済む
・メモリの交換だけで済む
・HDD、DVDドライブの交換だけで済む

他に、下記のようなご購入後の増強、経年劣化後の部位の新品交換というケースもあります。

・メモリを増設したい
・HDD容量を増やしたい
・バックアップ用にHDDを増やしたい

このような交換・追加の作業はお客様で行なうことも可能な作業です。
しかし、今まではこのような場合でもマシン送付が必須でした。

マシン送付はお客様にとってリスキー
マシンを梱包し配送するのも大変な手間ですし、何より今まで手元で使っていたマシンがしばらく無くなってしまいます。
もしサーバのように日々稼働しているマシンだとしたら、それはサービス停止を意味します。
こういった事態は、徹底的に防ぐか、やむを得なくても停止は出来る限り短時間にすべきです。

なぜ今までできなかったのか
メーカー側が些細なことでもマシンの送付をお願いしていたのは、
パーツの交換をお客様が行う場合、手技ミスなど何かあったときに問題の切り分けが出来無くなるからです。

このため、必要な対応が明確で、お客様だけで対応可能な処理であっても、ひとまずはカスタマセンターへマシン本体を送ってもらうことが必須でした。

ハンズバイは、この限界を越えていきます。


[ハンズバイの手続き]

カスタマセンターへ症状や要望をお伝え下さい。
例)電源がつかなくなった
例)スペックを増強したい
例)古くなった部位を交換したい

矢印画像

カスタマセンターで状況を確認して、ハンズバイのが採用されるかどうかを確認・ご相談します。

矢印画像

内容によっては無料で対応させていただく場合もあります。有料の場合はお見積りしますのでお代金を支払い下さい。
※お支払はクレジットカードのみとなります。

矢印画像

カスタマセンターより交換部位をお送りします。

矢印画像

必要に応じてカスタマセンターで実際の作業のレクチャやアドバイスを行います。(お電話・メール・ヘルプチャットでご対応します。)

矢印画像

やはり自主での作業が難しいと感じたら、カスタマセンターでの修理対応へ変更も可能です。

矢印画像

成功しましたら、古いパーツはカスタマセンターへお送り下さい。
お送りいただく必要がない場合もあります。