Linuxmaniaトップトピックス


Intel 第11世代が登場(4/20)

Intel 第11世代 コードネーム「Rocket Lake」 が登場しました。

革新性としては、PCI Express Gen 4.0、メモリDDR4-3200、USB 3.2 Gen2x2の対応、
内蔵GPUにおいてのHDR(ダイナミックレンジ)のディスプレイ対応、
ネットワークでは、2.5Gbps 有線LAN、6GHzのWIFI-6E対応などが挙げられます。

最新世代では、CPU自体の馬力ではなく、周辺の新世代規格対応に注力していると言えます。


ラインナップ



コールセンター(電話対応)の臨時休業(3/17)

設備点検を以下の日時で実施するため、コールセンター(電話対応)の臨時休業をお知らせいたします。

・3月22日(月)11時より終日

同時間帯は、電話をお繋ぎすることが出来ません。メール、ヘルプチャットなどのサポートは通常通りです。
ご迷惑をおかけしますが何卒宜しくお願いします。

ランス、メイス、メイス・ノース、オルカモデルのLANポートについて(2/17)

ランス、メイス、メイス・ノース、オルカモデルのLANポートは、2500Mbps速度が可能な最新のポートを採用しています。
このポートに対して、Linxuの汎用ドライバではなく、専用のドライバを採用しています。
このため、カーネルバージョンアップが適用されるシステム更新のタイミングでLANが無効になる場合があります。

無効になった場合は、下記よりファイルをダウンロードし、解凍し、中にあるautorun.shを実行して再度インストール下さい。ネットワークが可能になります。
Realtek LAN ドライバ


グラフィックボード搭載のランス・ノース、ランス・サースの売切について(2/5)

グラフィックボード搭載のランス・ノース、ランス・サースは、グラフィックボードに対する世界的な需要急騰のため、取得が困難になっており、販売を見合わせています。

大変申し訳ございませんが、現在、販売再開のめどは立ってございません。


年末年始の営業のお知らせ(12/17)

Linuxmaniaカスタマセンターは12月29日(火)から1月3日(日)まで休業日となります。

・メールサポート:12月28日(月)17時半まで
ただし、緊急のものは無休対応いたします。
緊急性の低い内容は、年明け営業日以降のご返信となることをご容赦下さい。

・電話サポート・チャットサポート:12月28日(月)17時半まで
これ以降はメールでのご連絡をお願いいたします。
電話・チャットをいただいても対応が出来ませんが、メールの確認は無休で行っており、対応が可能です。

・製品出荷 年内は28日(月)まで
それ以降の出荷は、1月4日(月)以降となります。
また28日(月)までにご注文いただいても出荷は1月4日(月)以降となる場合もあります。


最新のNvidia GeForece RTX3080が登場しました。(11/20)

グラフィックボードは、すでにPCの主役と言ってよい重要なファクターとなりました。

RTX3080では、8nmプロセスとなる第2世代RTXアーキテクチャを採用し、
RTX 2080 SUPERに比べ約2.8倍のCUDAコア数、2.6倍のDeep Learning処理性能(FP16)です。
ビデオメモリはGDDR6Xを採用し、それまでのGDDR6を越える帯域幅を実現し、 最新PCI Express Gen4に対応しました。
8K HDR映像が出力可能なHDMI 2.1、DisplayPort 1.4a、DSC1.2aに対応し、8K映像のエンコード、デコード処理も可能になりました。

近年の世代交代と比較しても、今回の変化は大きく革新的です。

ランス・ノース、ランス・サースにてお求めが可能です。
Nvidia GeForece RTX3080

全製品のメモリが16GB以上、ストレージがM.2 SSD 512GB NVMeに。(09/15)

ラインナップ全ての製品において、メモリはDDR-4 16GBメモリ以上、ストレージはM.2 SSD 512GB NVMeになりました。
製品選択に迷われても、Linuxmaniaは常に現在の最高スペックをお届けしているのでご安心下さい。




「Comet Lake-S」 Intel 第10世代が登場。(06/25)

Intel 最新世代 コードネーム 「Comet Lake-S」 が登場し、Linuxmania製品でもIntel製品は全て第10世代となりました。
第9世代の同ラインアップと比較し、コア数、スレッド数。クロック数全ての重要スペックが上がっています。

DDR4-2933メモリ、「Wi-Fi 6」、「2.5G LAN」など次世代のアーキテクチャに対応しています。




Ubuntu 20.04 LTSをリリース。(05/22)

いよいよUbuntu 20.04 LTS -コードネーム Focal Fossa をリリースしました。
Linux kernel 5.4ベースの最新Ubuntuバージョンです。
安定的で長いサポートを目指すバージョンであるLTS。
Ubuntu 18.04 LTSで、デスクトップに従来のUnityを捨て、GNOMEを採用したのは、パフォーマンス、ユーザビリティの面から成功と言えました。
それから2年、エレガントなデスクトップはさらに進化しました。


<<抜粋>>
・Tiger Lakeなどこれから予定されている最新Intelアーキテクチャに対応。
・exFATファイルシステムの対応。
・USB3.2およびType-Cの改善。
・最新GNOME 3.36デスクトップ。
・各アプリケーションの最新化。





全体的に出荷から到着までに時間がかかっています。(04/21)

新型コロナウィルスの影響により、通常よりも全体的に出荷から到着までに時間がかかっています。
お待ちの方には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。


Ubuntu 18.04.4をリリース。(03/21)

全モデルでUbuntu 18.04.4をリリースしました。出荷製品は全てそのバージョンになっています。
Ubuntu 18.04 LTSのスピンアウトで、マイナーバージョンアップとなります。

現在お使いのUbuntu 18.04ユーザの方はシステム更新のあと、自動的にUbuntu 18.04.4へとアップグレードします。

Ubuntu 18.04.3をリリース。(02/01)

全モデルでUbuntu 18.04.3をリリースしました。出荷製品は全てそのバージョンになっています。
Ubuntu 18.04 LTSのスピンアウトで、マイナーバージョンアップとなります。

Kernelバージョンは5.0台となり、OSライブパッチなど新たな革新が盛り込まれています。
現在お使いのUbuntu 18.04ユーザの方はシステム更新のあと、自動的にUbuntu 18.04.3へとアップグレードします。


年末年始の営業のお知らせ(12/10)

Linuxmaniaカスタマセンターは12月28日(土)から1月5日(日)まで休業日となります。

・メールサポート:12月27日(金)17時半まで
ただし、緊急のものは無休対応いたします。
緊急性の低い内容は、年明け営業日以降のご返信となることをご容赦下さい。

・電話サポート・チャットサポート:12月27日(金)17時半まで
これ以降はメールでのご連絡をお願いいたします。
電話・チャットをいただいても対応が出来ませんが、メールの確認は無休で行っており、対応が可能です。

・製品出荷 2019年内は28日(土)まで
それ以降の出荷は、1月5日(金)以降となります。
また27日(金)までにご注文いただいても出荷は1月6日(月)以降となる場合もあります。

ランス・ノースのCPUが史上最高の16コア Core i9−9960Xへ(11/06)

ランス・ノースのCPUが史上最高の16コア32スレッドのCore i9−9960X搭載になりました。最大周波数4.4GHz。グラフィックカードはNvidia GeForce RTX 2080 SUPERt搭載。

PCラインナップ

Ryzen 3th

ストレージが最新最速のM.2 SSD NVMeへ(10/02)

ストレージが最新最速のM.2 SSD NVMeになりました。

ストレージのパフォーマンスは本体がどれだけ速くても、データをやりとりするバスの部分のスピードがボトルネックでした。
NVMeは従来のSATA転送規格を超えて、PCI Express規格のデータ転送速度にネイティブに最適化しており、史上最高のパフォーマンスを実現しています。


Linuxmaniaでは、全モデルでこの最新ストレージを採用しました。

PCラインナップ

Ryzen 3th

AMD CPUは最新Ryzen 3へ(09/03)

AMDのデスクトップCPUはRyzen 第3世代になりました。CPUの半導体集積度を示すプロセスルールにおいて、世界の先頭を走るAMDは、Ryzen 7 3700Xで7nm製造CPUを採用しています。 さらに世界でいち早く、次世代PCI Express 4.0規格をX570基盤で実現しました。

これらはLinuxmania ランス・サースで採用しています。

最新「Ryzen」搭載モデルは「メイス・サース」「ランス・サース」
Ryzen 3th

搭載データ領域が 全ラインナップで M.2 SSD 250GBから500Gに(08/26)

全モデルにおいて、搭載データ領域が M.2 SSD 250GBから500Gになりました。

 M.2 SSD 500GB

サービスラインナップが登場(07/22)

ハードウェア販売のみならず、より充実したサービスを継続的に提供するためにサービスラインナップを開始しました。

リモートによるサポート、割安の修理対応、半年ごとの製品お買上げ10%OFFクーポン取得などが受けられる「LM++」をはじめとし、 姉妹サイトOrcacloud.jpとのコラボサービスなどを用意しております。

※サービスラインナップは法人向けとなっております。

Linuxmania:サービスラインナップ

サービスラインナップweb画面

メモリのスペックアップ、CPUクーラーについて(06/19)

メモリのスペックが全モデルで、DDR4-2400からDDR-2666にスペックアップしました。
動作クロック、帯域幅、レイテンシーともに約8%弱向上しています。
※総合的なスペックについては、CPUや基盤のチップセット、アプリケーションによるボトルネックもありますので一概には申し上げられません。

メモリDDR-2666イメージ

CPUクーラーは6月より全モデルで空冷クーラーとなっています。
ランス・ノースではツインタワーの最高級空冷クーラーを採用、ランスではこのクーラーを選択することも可能です。

昨今、空冷クーラーの性能は飛躍的に向上しており、水冷クーラーの強みである冷却能力に遜色ないところまで来ています。
※3基以上の水冷クーラーでは冷却能力で比較的差が出ます。3基以上搭載するには筐体もさらなる巨大化をするかドライブを欠如させる必要があります。

Linuxmania製品の筐体構造、冷却能力、管理のしやすさ、クーラーが持つ製品寿命を総合的に検証し、空冷クーラーを採用しています。

scfm-2000イメージ

Ubuntu 18.04.2リリース(05/09)

Ubuntu 18.04.2はUbuntu 18.04のパッチを集合したスピンアウトバージョンです。
Ubuntuでは1年に数回ありますが、この度、Linuxmaniaカスタマイズディスクでも最新のスピンアウトバージョン対応になりました。

パッチ以外の大きな変更点としては、
 Linuxカーネルが4.15に、
 デフォルトのJRE/JDKがJava 10
となりました。

GW中の出荷対応と窓口について(04/22)

受注分および修理機の出荷は、4月27日(土)まで行います。
それ以降は5月7日(火)以降の出荷となります。

5月1日(水)9時30分-12時30分
2日(木)9時30分-12時30分
3日(金)9時30分-12時30分
は特別営業として電話窓口対応時間を設けます。
それ以外は暦通りとなりますこと、また出荷業務はいたしませんことをご容赦下さい。

標準搭載データの容量が250GBへアップ(04/08)

全モデルにおいて、標準搭載データデバイスを、240GB M.2 SSDから250GB M.2 SSDへスペックアップしました。

WDS250G2B0Bイメージ

ランス・ノースのCPUが最新へ(03/06)

ランス・ノースのCPUがIntel 第9世代のi9-9920Xになりました。
特長は、コア数12でありながらベースクロックが3.5GHzもある馬力です(最大は4.5 GHz)。
通常、コア数の多さは馬力を抑えることになりがちですが、このCPUはいずれも標準よりも遥かに高いスペックを実現しています。
また、メモリ128GBを実現出来るのもランス・ノースのアーキテクチャのみです。

ランス・ノース正面intel CORE i9 Extremeロゴ

ランス・ノース1.1

価格 644,760円(税込)  597,000円(税抜)
CPU Intel Core i9-9920X/12コア24スレッド(3.5-4.5 GHz/19.25MB スマキャッ 14 nm,8 GT/s DMI3)
メモリ 128GB
(16GB x8 / DDR4-2400
1.2V / 空きスロットx0)
HDD・SSD SSD-M.2 240GB(Western Digital HDD 4TB追加・交換可能) SATA3
グラフィック RTX 2080 NVIDIA GeForce最大解像度7680x4320 4画面ディスプレイ対応
OS Ubuntu 18.04 LTS

Linuxmania:ラインナップ ランス・ノース(L-Lance North ,タワー)
Linuxmania:ラインナップ ランス・ノース1.1

オルカモデル、オルカ・サースがUbuntu 18.04 LTS 日医レセ ORCA5.1搭載へ(01/21)

オルカモデル、オルカ・サースが最新のUbuntu 18.04 LTS および日医レセ ORCA5.1搭載になりました。
搭載電子カルテも、最新のGlassDolphin 2.7.3(OpenDolphinからのフォーク版)となりました。

ORCACloud:GlassDolphin グラスドルフィンについて

年末年始の営業のお知らせ(12/17)

Linuxmaniaカスタマセンターは12月29日(土)から1月3日(木)まで休業日となります。

・メールサポート:12月28日(金)17時半まで
ただし、緊急のものは無休対応いたします。
緊急性の低い内容は、年明け営業日以降のご返信となることをご容赦下さい。

・電話サポート・チャットサポート:12月28日(金)17時半まで
これ以降はメールでのご連絡をお願いいたします。
電話・チャットをいただいても対応が出来ませんが、メールの確認は無休で行っており、対応が可能です。

・製品出荷 2018年内は29日(土)まで
それ以降の出荷は、1月4日(金)以降となります。
また29日(土)までにご注文いただいても出荷は1月4日(金)以降となる場合もあります。

Intel CPUのラインナップが最新第9世代へ(12/12)

Intel CPU採用のモデルが最新第9世代へと変わりました。
コア数あたりの単価が下がり、よりパワフルに、合わせてチップセットも最新世代のものとなります。

core i9

Linuxmania:ラインナップ

Amazon Payのお支払いが可能となりました(11/14)

Amazon Payをご利用いただくと、すでに登録されているAmazonのアカウントを利用して
Linuxmaniaでスピーディーにお買い物ができます。
Amazonのアカウントに登録されているお支払い情報と配送先を選択するだけで、
新たな情報を入力することなくお買い物ができます。
Amazon Payでお客様の安心・安全・簡単なお買い物をサポートします。

Amazon Pay ロゴ


最小モデル「サクス」、AMD RYZEN 第2世代のモデル「メイス・サース」「オルカモデル」をリリース(10/25)

最小モデルの「サクス」をリリースしました。

わずか11cm四方、高さ3.5cmのLinuxmania製品史上最小のモデルです。
ジャケットのポケットに入る小ささで、"小さいPCはパワーレスで使えない" という時代ではありません。
通常のデスクトップ使用ならストレスレスで使えるフルPCです。
サクスイメージ
Linuxmania:ラインナップ サクス (L-Sax ,Pocket PC)


AMD RYZEN 第2世代の新モデル「メイス・サース」「オルカモデル」をリリースしました。


AMD RYZEN 第2世代のモデル「ランス・サース」をリリース(09/01)

AMD RYZEN 第2世代の新モデル「ランス・サース」をリリースしました。
「RYZEN」はAMDが提供するデスクトップコアのフラッグシップシリーズです。
特色はパワフルな馬力とともに、なんと言ってもコア数です。
1コアあたりの費用対パフォーマンスは他モデルに大きな差を付けます。

ランス・サースでは8コア16スレッドのモデルを定価154,800円で発売します。

第2世代のAMD Ryzen 2700では、1コアあたりの処理能力を第1世代より大幅に引き上げ、最新「B450」チップセットに搭載してのリリースです。

ランス・サースイメージLinuxmania:ラインナップ ランス・サース(L-Lance South)


RYZENイメージ

AMD RYZEN


Ubuntu 18.04 LTS のインストールディスク&カスタマイズディスク無料郵送の開始(08/06)

すでにLinuxmaniaマシンをお買い上げいただいているお客様には、
ご希望の方にOSインストール&Linuxmaniaカスタマイズディスクを無料でご郵送いたします(お買い上げより
1年以内)。
Ubuntu搭載のLinuxmania製品をお買い上げいただいたお客様に、
Ubuntu 18.04 インストールディスク&カスタマイズディスク2枚組を無料でご郵送いたします。

ディスクイメージ

【注意】
・製品をお買い上げ後、1年以内のサービスとさせていただいております。
 (製品のご購入から1年経過後のお客様は、恐れ入りますがパーツShopにてお求めください)
・製品をお買い上げになったお客様1回1セットのみの郵送であることをご了承ください。
・OSのクリーンアップインストールを前提にしております。データの損失にはご注意とご責任をお持ち願います。
・このサービスは互換性ある世代の Linuxmania 製品に行われます。
   必ずしも OS のバージョンアップごとに、すべてのお客様に行われるサービスではないことをご了承ください。
   お使いの製品が互換性がない場合、郵送サービスが実施されないこともございます。


Ubuntu 18.04 LTSをリリース(05/25)

お待たせしました。Ubuntu 18.04 LTSをリリースしました。
2年に1度のリリースのLTSロングタイムサポート バージョンです。

・カーネル4.15です。

・LibreOffice、Firefox、Chrome、Eclipseなど全てのアプリケーションが最新になっております。

各アプリケーションのユーザビリティが格段に向上しています。

・デスクトップ環境はUnityからGnomeに変更しました。
これは近年の中で大きな変更点の1つです。安定性とユーザビリティが格段に向上しています。

・Linuxmaniaでは今度LTS以外のUbuntuバージョンをリリースしない予定となってございます。

・Ubuntu 16.04、16.10、17.04、17.10のLinuxmania製品ユーザでお買い上げ1年以内の方は、最新のUbuntu 18.04LTSとカスタマイズディスクを 無料郵送いたします。(手続き、時期については追ってご連絡いたします)

Ubuntu 18.04 Ubuntu 18.04 Ubuntu 18.04 Ubuntu 18.04

お値段そのままでランス・ノースのCPUが6コアから8コア16スレッドに(04/04)

お値段そのままで、ランス・ノースのCPUがCore i7-7800XからCore i7-7820Xにスペック変更しました。 6コアから8コア16スレッドになります。 グラフィックカードはGeForce GTX 1070Tiを採用しており、メモリは現在可能な最大128GBメモリを搭載し、ラインナップにおいて最高の性能を誇ります。

ランス・ノース ランス・ノース
ランス・ノース(L-Lance North)

価格 488,000円(税込)  451,852円(税抜)
CPU Intel Core i7-7820X/8コア 16スレッド, OC可(3.6-4.3GHz 11MB L3, 8GT/s DMI3、TDP140W)
メモリ 128GB
(16GB x8 / DDR4-2400
1.2V / 空きスロットx0)
HDD・SSD SSD-M.2 240GB(Western Digital HDD 4TB追加・交換可能) SATA3
グラフィック GTX 1070Ti NVIDIA GeForce最大解像度7680x4320 5画面ディスプレイ対応
OS Ubuntu 17.10 / Ubuntu 16.04LTS


29インチ ウルトラワイドモニタが使用可能です(02/15)

ウルトラワイドモニタは、横縦比率が21:9の横長の大画面のことを指します。
さらなる大画面が、圧倒的な没入感と仕事の効率性を実現します。
Linuxmaniaの製品はウルトラワイドモニタに対応しており、製品とともに購入することも可能です。

LG 29UM59-P

価格 35,640円(税込)  33,000円(税抜)
送料 無料
お届け予定 2-4日(平日)
スペック 29インチ 21:9 ウルトラワイド
スピーカ内蔵,IPS非光沢,最大表示解像度2560×1080,HDMIx2
付属品 HDMIケーブル×1
対応モデル 全モデル
29UM59-Pイメージ

仮想イメージ The Image 'U' 発売(01/26)
最近は仮想化があらゆる場面で多く採用され、1ハード1OSという時代ではなくなっています。
仮想化対応がハードウェアとして組み込まれていることが多くなり、仮想化技術が今までになく使用しやすくなっています。
仮想化において採用するOSはやはり、オープンソースであるLinuxが最も適しています。

Linuxmaniaでは、VirtualBoxのイメージの購入が可能となりました。
Ubuntu 16.04の最新版をすぐに仮想環境で使うことが出来ます。

The Image 'U'

価格 2,160円(税込)  2,000円(税抜)
送料 無料
お届け予定 ダウンロード
CPU 仮想Virtual Box イメージ VDI形式。Oracle VM VirtrualBox上で動く仮想OS。
HDD・SSD 仮想240GB
データ容量の固定・可変は購入時にオプション選択出来ます。
固定の方が高速。ホストマシンの実データ容量以内。
OS 16.04 LTS 仮想OS

Linuxmania:ラインナップ The Image 'U'

The Image 'U'イメージ

The Image 'U'イメージ

The Image 'U'イメージ